ペンションクルーズの貸し別荘「デジャヴ」その1

本格ログハウスの貸し別荘「デジャヴ」は、

志賀の郷リゾートの、 ペンション&カフェクルーズの 貸し別荘です。

クルーズのオーナー黒崎信司さんに

お話を聞きました。 クルーズ同様、デジャヴにも、

黒崎さんのこだわりのインテリアがたくさん! 写真もたっぷりでご覧ください。

太い丸太の本格ログハウス

ーー黒崎さんはなぜ、

長年ペンションをやってきて、

新たに貸し別荘をはじめたんですか 黒 35年ペンションをやってきて 個々のニーズも多様化してきて ペンションというもののあり方は、 アットホームというか、 家族で迎えて食事を食べてもらって、 家族ぐるみでおもてなしするのが ペンションのスタイルだったけれども、 よりプライベートなニーズも 考えていきたいなと… ーーつまりファミリー感もいいけど 黒 それはペンションのほうで

続けていきたいけど、 よりプライベートな空間を

求めてくるお客様には

それを提供したい。 ーーなるほどニーズに合わせて 黒 たまたま、

懇意にしていた方の

ログハウスを譲り受けることができ、

どう使うか考えたんですが、

ペンションクルーズとは違う方向性の、

レンタルコテージをと思いました。 ーーちょっとラグジュアリーな? 黒 そう、ログハウス市場の大手BESSの

原点であるビッグフットという会社があって

本格的なカナディアンログで、

僕らの憧れみたいな存在だった。

そのときの彼らも、

常識を破っていこうという気持ちも

あったのかもしれないけど、

どうしてもログハウス=山小屋という

イメージはついて回って… ーーわかります。 山小屋のイメージ。 黒 山小屋のイメージを払拭するために、

自分の得意分野のアンティークや

カントリーで攻めようと思って。 ログ自体は、アメリカンカントリーだけど、

それをイギリスやフランスの

アンティークで個性をだしていけたら

という挑戦だよね。 ーー黒崎さんといえばアンティークの

イメージあります。

吹き抜けになっているリビング

黒 いままでいろんな本をみたけど、

そういうログはほとんど無いと

いえるんじゃないかな。

自分の得意分野を出すしかないと思ったので ーーでも、合うのかどうかという 黒 そう、ログだけでものすごい

インパクトあるから、あの太い丸太の中に

なんの家具が合うかっていうのを

すごく考えて ーー私、実際にデジャヴの中に入ったとき、

シャンデリアとか、流麗な家具が、

ゴツゴツとした丸太のログに不

思議とマッチしている!

と思って驚きました。 黒 うん、かなり考えました。 ーーそれは黒崎さんらしい

空間づくりの妙というか… ああいう組み合わせはあんまりない? 黒 ないですね。世の中のログを色々調べたけど、

まあ一部の外国人の方がやってたりするけど、

例えば長野県とかにもなかったんで… ーーたしかに、ログハウスというと椅子とかも、

いかにも手作りって感じの、

木で作ってあったりというようなイメージありますね 黒 ね。おそらく石川県にもないと思う これは自分でも挑戦で…

やっぱり得意分野で行くしかないと思ったから シャンデリアも1900年台後半のものを使ったり、

チェスターフィールドチェアーとか、

すべて本物のアンティークを使いました。 ーーアンティーク風、じゃなくて、

アンティークってことですね 黒 ソファーが一つ何十万とか、

そういう世界なんだけど、

これは見てもらえばわかると思います。

ログのインパクトを消さないように、いかにやるか。 ーー贅沢な空間を 黒 そう、贅沢な空間作り、そこで大人の世界を

堪能してもらうのが基本なので…。

あとは、敢えて、テレビやカラオケなどは置かず、

俗世間から離れられるように考えました。

ーーなるほど〜! 黒 はい。敢えてスリッパなんかも履かないで、

木の感触とか、芝生のぬくもりとか… 俗世間から離れた生活の楽しさも発見してほしいと、 童心に帰りつつ、大人の世界を堪能してほしいと

思っています。(その2につづく)

緑の芝生がうつくしいアプローチ

→デジャヴその2へ

komoreトップページへ

#komoreの人々 #komore新聞 #Info

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。