ペンションクルーズの貸し別荘「デジャヴ」その2

本格ログハウスの貸し別荘「デジャヴ」は、

志賀の郷リゾートの、 ペンション&カフェクルーズの 貸し別荘です。

クルーズのオーナー黒崎信司さんに

お話を聞きました。 その1のつづきです。

ーーたとえばどんな過ごし方を? 黒 手紙かいたり、音楽きいたり、

薪ストーブ自分でつけてみたりとか 夜、外で星をみながら語り合ったりね。 火は熱いものだし、木はあったかいもの

芝生のチクチクとか

薪ストーブを焚いてゆっくりとした時間を

ーーたしかにそういうことは普段意識して

いないものかもしれないですね 黒 お客さんはけっこう喜んでくれています ーーなぜデジャヴという名前にしたんですか? デジャヴって少し切ないかんじありますよね 黒 どうして? ーーデジャヴって、来たことないけど

懐かしいような気持ちだから、 懐かしさって切なさとつながるし、

それを思うとデジャヴという名前も

切なさあるかもなって思いました。 黒 そうそう。人間って、経験したことや

知ってることしか記憶に残らない気がするけど

なんか来たことあるって思うような感覚…

そういう記憶って、長い人間の歴史でDNAで

残ってる気がするのね。 ーー壮大な話になってきました 黒 そういう思いをもって

おそらく作ったと思われる

アルバムがあって。 70年代の僕の大好きな

CSNYというグループがいて、 ーー音楽の話ですね 黒 その中で僕の大好きなアルバムがあって、

それが「デジャヴ」というアルバムで… まあこれがかっこいいんですよ。

それ初めて聴いた時は、意味わかんなくて、

なんとなくかっこいい言葉だなと思ってて… ーーそこからインスピレーションを

うけたってことですね 黒 そうですね あとは最初にドアを開けた一瞬が

勝負だと思ってて、

そこだけをいつも考えてて ーー胸ときめくものでもあるけど、

どこか懐かしさも感じるような 黒 そうそう、そういうことで

デジャヴって名前というのもあります (その3につづく)

キッチンの様々な食器なども自由に使える

シャンデリア、パッチワークのある寝室

リビングにもオーナーこだわりのアイテムがいろいろ​ ←デジャヴその1へ  →デジャヴその3へ










komoreトップページへ

#komoreの人々 #komore新聞 #Info

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。